« あこう | トップページ | 撃沈 »

しろ

26日 0時過ぎ突然の出来事でした。 ドスンと言う音が......しろ がベッドサイドテーブルから床の転落したまま 息をしていません 人工呼吸もしてみました、心臓のマッサージらしきものもしてみました、動物病院にも連絡がついたのですが 状況を話しすると連れてきてももうダメですとの事。 わずか60cm位の高さからです  信じられない出来事を受け入れる事ができません。彼女(家内となな)が朝までベッドでしろをかかえ泣きながらすごしましたが冷たくなっていくだけした。朝、私が気丈にしなければと我にかえり。Img_3412 ペットの葬儀やさんに昼前に来て頂き火葬.... しろ との最後のおわかれです。1時間煙とともに天国に旅立って行きました。私たちの身代わりで厄をすべて持って行ってくれたのだろうと心にしたためてのお別れでした。Dsc00468私たちにとっては子供、 しろ も家内を母として人間の子供になりたくて なりたくて たまらなかった9年弱の私たちと しろ との生活でした。 家内をひとり占めで抱いてもらいDsc00384_2 目をとじてお互いの鼻をつけてお話するのが しろ の一番幸せな時間でした。Dsc00339 後からやってきた なな の面倒もよく見てくれたました。Dsc00320_2 里山の実家に帰るのも一緒、タケノコ堀、茶摘みも 花見もずっと一緒 私たちの子供でした。ありがとう しろ 天国でやすらかに 

|

« あこう | トップページ | 撃沈 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509046/50698959

この記事へのトラックバック一覧です: しろ:

« あこう | トップページ | 撃沈 »